岡田歯科医院

掛川市横須賀の歯医者さん、ひとりひとりに合ったオーダーメイド治療「岡田歯科医院」

header_tel01.png

虫歯の治療


虫歯の治療虫歯の大きさにも様々あります。当院には被爆の少ない体に優しいレントゲン装置並びに、レントゲンを使わなくても進行度合が診断できる機材があります。これによりレントゲン撮影が難しい妊娠中の方にも安心して診療を受けて頂けます。また、虫歯をとったあとは、コンポジットレジン(医療用強化プラスチック)を使用して、即日で治療が完了することもございます。大きい虫歯の場合には型取りをして金属の詰め物、銀歯を入れる治療になります。前歯の大きな虫歯の場合は表面を白いレジン(医療用強化プラスチック)で覆った金属でかぶせることで保険でも白い歯を手に入れることができます。ただし、表面のレジンが変色したりかけやすかったりという性質があります。どの金属の治療に対しても保険外での被せ物では変色も少なくより自然に歯の白さを再現し、虫歯にもなりにくい環境を作るセラミックを使用したものがあります。

医療用プラスチックでの治療

医療用プラスチックでの治療虫歯の部分を削った後、その部分を特殊加工し、医療用プラスチック(コンポジットレジン)で歯の形に埋める治療です。小さい虫歯ですとその場ですぐ詰められる方法なので、比較的簡単に終わる治療で広く行われている治療法です。しかし強度や変色する性質などは銀歯のインレー(詰め物)に劣ります。
※耐久性に限界があるため、虫歯の大きさや場所などにより行えない場合があります。


銀歯の詰め物(インレー)での治療

銀歯の詰め物(インレー)での治療虫歯の部分を削り、型取りをした後、後日金属の詰め物を入れる治療です。保険の治療では銀色の金属(金銀パラジウム合金)を使った材料の詰め物を入れる治療になります。保険外の治療では白い材料を使った目立たない詰め物を選択することが出来ます。


銀歯の被せ物(クラウン)での治療

銀歯の被せ物(クラウン)での治療虫歯が大きい場合、虫歯を削り神経(歯髄)を保護した後、歯全体を金属で覆いかぶせる治療です。保険の治療では銀色の金属を使った材料の被せ物を入れる治療になります。
保険外の治療では白い材料を使った目立たない被せ物を選択することが出来ます。


前歯の被せる(前装冠)治療

前歯の被せる(前装冠)治療前歯で虫歯が大きい場合、虫歯を削った後に被せ物を被せますが、表面を白いレジン(医療用プラスチック)で覆われた金属で被せることで、保険でも白い歯を入れることができます。ただし表面のレジンの部分が変色してきたり剥がれてしまいやすいという性質があります。
保険外の被せ物では、変色も少なく、より自然に歯の白さを再現できるセラミックを使用したものがあります。


神経の治療をした後、被せ物をする治療

神経の治療をした後、被せ物をする治療虫歯が神経(歯髄)まで達してしまった場合、虫歯の部分を取り除いた後に神経を取る治療が必要な場合があります。その後、神経の入っていた管を数回消毒し、炎症がおさまったのを確認してから神経のあった管に神経に代わる薬剤を入れます。そしてその上に歯を補強するための土台を入れ、さらにその上に奥歯の場合は金属色のクラウン、前歯は表面が樹脂で白い歯(前装冠)を覆い被せていきます。
保険外の治療ではより自然な白い歯のセラミックを選択することも出来ます。


炎症を抑え、神経の治療をした後に、被せ物をする治療

炎症を抑え、神経の治療をした後に、被せ物をする治療以前に神経をとった歯が再感染した場合や、根の先に炎症がおきた場合は、根の先の炎症を抑える治療を行います。数回消毒し、炎症がおさまったのを確認したら神経のあった管に神経に代わる薬剤を入れ、その上に新しく歯を補強するための土台を入れ、さらにその上に奥歯の場合は金属色のクラウン、前歯は表面が樹脂で白い歯(前装冠)を覆い被せていきます。
保険外の治療ではより自然な白い歯のセラミックを選択することも出来ます。

虫歯の治療虫歯の治療

歯周病の治療歯周病の治療

審美歯科治療審美歯科治療

ホワイトニングホワイトニング

インプラント治療インプラント治療

入れ歯の治療入れ歯の治療

歯並び(矯正)の治療歯並び(矯正)の治療

小児歯科小児歯科

予防歯科予防歯科


setsuibi_button01_2.pngsetsuibi_button01_2.png

setsuibi_button02.pngsetsuibi_button02.png

setsuibi_button03.pngsetsuibi_button03.png